歌舞伎フェイスパックが
G7 伊勢志摩サミットの公式おみやげに選ばれました。

KABUKI FACE PACK

この度、「歌舞伎フェイスパック」は、2016年開催のG7伊勢志摩サミットの公式お土産に採用され、参加国代表団をはじめ、海外メディアなど約4,000名に贈られました。

“日本の新しいおみやげを作りたい”、“日本の伝統文化である歌舞伎の魅力を広めたい”という思いを形にした本商品は、メイドインジャパン・高品質を貫き、試行錯誤の末、2013年12月に発売にたどり着きました。

今回、このような国際会議の公式お土産として選出していただけたのは、ひとえに日頃よりご愛顧いただいております皆様のおかげでございます。改めて心より御礼申し上げます。

G7 伊勢志摩サミットについて

ABOUT G7 ISE-SHIMA SUMMIT

政治経済から安全保障まで、世界的に重要な議題について主要7カ国の首脳とEUの代表者が自由闊達に意見交換をする場として毎年開催される国際会議。

8年ぶりにアジアでの開催となる2016年は、豊かな海と美しい自然、悠久の歴史を紡いできた伊勢神宮を有する伊勢志摩で開催されました。

参加首脳紹介

DO YOU KNOW?

  • Shinzo Abe
    JAPAN

    議長 日本
    安倍 晋三首相

  • Barack Obama
    USA

    アメリカ
    バラック・オバマ大統領

  • David Cameron
    UK

    イギリス
    デービッド・キャメロン
    首相

  • François Hollande
    FRANCE

    フランス
    フランソワ・オランド
    大統領

  • Angela Merkel
    GERMANY

    ドイツ
    アンゲラ・メルケル首相

  • Matteo Renzi
    ITALY

    イタリア
    マッテオ・レンツィ首相

  • Justin Trudeau
    CANADA

    カナダ
    ジャスティン・トルドー
    首相

  • Donald Tusk
    EU

    EU(欧州連合)
    ドナルド・トゥスク
    欧州理事会議長

  • Jean-Claude Juncker
    EU

    EU(欧州連合)
    ジャン=クロード・ユンカー
    欧州委員会委員長

歌舞伎フェイスパックをよく知る方々から、
沢山の喜びとお祝いのメッセージを頂戴しています。

歌舞伎フェイスパック監修 歌舞伎俳優 市川染五郎

世界中の人々が歌舞伎で遊んで欲しい。400年以上の歴史ある伝統芸能ではあるものの、エンターテイメントとして人々に感動を与え続けている歌舞伎。長い歴史の中で生まれた様式を“身近なもの”として皆様にお見せできないかと思い続けていました。歌舞伎独特の化粧法“隈取”が歌舞伎フェイスパックとして誕生し、多くの方々に遊んでいただいていること、嬉しい限りです。そしてこの度、日本が世界各国首脳をお迎えして行われる「伊勢志摩サミット」の公式おみやげとして選ばれたことは、喜び以上の興奮で夢見心地です。世界中の人々が歌舞伎フェイスパックを通して、歌舞伎で遊んでいただけることを心より願っています。

市川染五郎さんに監修いただいた経緯

化粧品としての製品には強い自信を持っていたけれど、日本の新しいお土産をめざすならば、より正しく伝統芸能「歌舞伎」を伝えられる方に監修いただきたい。そこで、歌舞伎俳優のなかでも名実共に花形役者である市川染五郎さんにご相談したところ、歌舞伎の浸透につながるのであれば...と快く監修を引き受けてくださりました。染五郎さんには、隈取の選定、正しい隈取の描き方など細かくアドバイスいただいています。

  • 小島 梢さん

    発案・デザイン
    デザイナー・アートディレクター

    小島 梢さん


    今後も歌舞伎フェイスパックがよりたくさんの人を楽しませ、愛されるよう、引き続き、応援をしていきたいと思っています!

  • 中村 康浩さん

    東京ミッドタウンマネジメント株式会社
    代表取締役社長

    中村 康浩さん


    Tokyo Midtown Award から生まれた歌舞伎フェイスパックがG7伊勢志摩サミットのおみやげに選出されたこと大変嬉しく思います。

  • 石井 亜樹さん

    美容雑誌「VOCE」
    編集長

    石井 亜樹さん


    このたびは、伊勢志摩サミットのおみやげに選出されたとのこと、おめでとうございます!各国首脳の方々がこのマスクで歌舞伎フェイスになってくれると面白いですね!!

  • 宮武 滋さん

    東急ハンズMD企画部
    部長

    宮武 滋さん


    「これは、いける!」と最初の商談でフェイスパックを見た時、バイヤーは直感しました。このような商品に出会えたこと、そしておみやげ日本代表の選出は、私達にとっても大きな喜びです。

  • 菅野 弘太郎さん

    ロフト商品部
    部付部長

    菅野 弘太郎さん


    G7伊勢志摩サミットにおいて、「歌舞伎フェイスパック」がお土産に採用されたことを、嬉しく思っています。今後も、世界中の方々が楽しめる商品開発を期待しています。

  • 大井 篤さん

    公益財団法人日本デザイン振興会
    理事長

    大井 篤さん


    このたびの栄えある選出に心からお祝いを申し上げます。表現内容の監修や解説などに配慮されている点でも、日本の文化を広く伝えるにふさわしいデザインであるといえます。

  • 安部 順子

    一心堂本舗 歌舞伎座店
    店長

    安部 順子


    発売以来、歌舞伎ファンの方をはじめ多くの方にご支持をいただき、この度、このような栄えある一品に選んでいただく運びとなりました。皆様には心より感謝申し上げます。

KABUKI

歌舞伎は、400年以上続く日本の伝統芸能の一つで、2005年には日本を代表する総合芸術として、ユネスコ世界文化遺産にも登録されました。「常識ばなれした」という意味の「傾く(かぶく)」が語源で、その始まりは、江戸時代の前期、京都で出雲阿国(いずものおくに)という女性が、奇抜な装いで踊った「かぶき踊り」とされています。その後、歴史的な経緯を経て、女性役を含めたすべての役を男性が演じる、現在の歌舞伎の原型に定着しました。奥深いストーリー、豪華な色彩美や三味線を中心とした音楽、多彩なからくりが施された舞台装置、アッという間の早替わりなど、五感すべてを刺激し、あらゆる角度から観客を魅了する、日本を代表するエンターテインメントです。

KUMADORI

隈取は、歌舞伎ならではのメイク方法で、役柄の性格や人格をひと目で分かるように表現したものです。顔の血管の盛り上がりや筋肉の動きを、色の筋をつけることで強調。隈取に使う色は、赤・藍・黒・茶の4色があり、役柄によって使い分けられます。勇気や正義を持つ善良な役柄には赤で描かれた隈取を、反対に悪人や怨霊、鬼などの役柄には、青・黒・茶で描かれた隈取を使用。隈取は役者自身で描くため、同じ隈取でも役者によって微妙な違いが出るのも、おもしろい点です。

HOW TO USE

step.1
洗顔後の清潔な肌に使います。
step.2
マスクを袋から取り出し、ていねいに広げます。(シートはやぶれにくい素材でできています。)
step.3
両面どちらでもご使用いただけますが、デザイン面を外側にして、鮮やかな歌舞伎デザインをお楽しみください。
step.4
マスクを両サイドのこめかみ部分から持ち上げ、眼の位置に合わせて顔にのせ、指先で軽くおさえて、マスクをフィットさせます。中心部分から外側にむけてのせると、より肌に密着させることができます。
step.5
あっという間に歌舞伎俳優に変身です。リラックスしたり、セルフィーを撮ったりして楽しみましょう!
step.6
15~20分ほどしたらマスクを外します。肌に残った美容液は、顔全体になじませます。オイリー肌の方は、水で軽く流してください。

特にこだわった、4つのポイント

Point.1細心の注意を払った、
肌への安全性

顔につけるマスクなので、色落ちと肌への確かな安全性にこだわりぬきました。幾度となく検証作業を繰り返し、特定のインクと特別な印刷技術の組み合わせを確立。刺激試験、パッチテストによる肌への安全性も確かめています。

Point.2高度な型抜き技術と
デザイン

無地のシートマスクとは違い、隈取を印刷し重ね合わせた不織布をズレないように型抜きをする作業は非常に困難でしたが、試行錯誤を繰り返し難題をクリア。隈取のデザインも市川染五郎さんに監修いただきました。

shibaraku

Point.3肌にやさしい
コットン100%

実は、このシートマスク。日本が誇る世界唯一の技術でつくられている高価なもの。原料は、種子をやさしく包む希少なうぶ毛、コットンリンター 100% 。美容液をしっかりと吸い込み、顔の凹凸にしっかりフィットします。

Point.4肌を潤す、確かな
美容成分を配合

肌本来のハリ・潤いを高める 3 つの美容成分、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミン C 誘導体と、3 つの国産植物成分、チャ葉エキス・サトザクラ花エキス・ツバキ種子エキスを配合。確かな成分で日本人の肌を輝かせます。

funabenkei

インパクト抜群のこんなおみやげ、
どうやって生まれた?

和菓子の会社がつくったフェイスパック!?

私たち一心堂本舗はもともと、自然素材にこだわった和菓子を販売していました。転機は新しく開場した歌舞伎座に、ご縁があって出店したことから。和菓子に限らず、歌舞伎の楽しさ・面白さを伝えられる「新しい日本のおみやげ」をつくりたい、と考えはじめました。

デザインコンペの受賞作が商品の原点

数ヶ月後、東京ミッドタウンのデザインコンペ「Tokyo Midtown Award」学生の部準グランプリ作品と出会います。東京ミッドタウンに問い合わせたところ、商品化しようとしていたが事情により製造を断念したとの回答。その場ですぐに「商品化を検討させてほしい」とお願いしました。

高い技術力を誇る 7 社による、独自の製造ルートを開発

国内の化粧品製造会社 10 社以上に話を持ちかけるも、「希望通りの製品を作るには高い専門技術を要するのでうちだけでは難しい。」と断られ続けました。そこで高度な専門技術を持つ 7 社に得意な工程のみを依頼する「分業制」にすることで、この商品の完成が実現しました。

あのモデルも SNS に!
一時は生産が追いつかない状態に

パックをつけたインパクトのあるビジュアルはメディアで取り上げられ、一時は生産が追いつかない状態に。素顔が隠れるため、普段 SNS に顔を出さない人も自撮りをアップしてくれました。
海外モデルや著名人も写真をアップしたことから、今では世界中に認知が広がっています。

― 取 扱 店 舗 ―

一心堂本舗 直営店

  • 歌舞伎座 木挽町店

    東京都中央区銀座 4-12-15 木挽町広場

  • 新橋演舞場店

    東京都中央区銀座 6-18-2

  • 明治座店

    東京都中央区日本橋浜町 2-31-1

  • 羽田空港国内線 第2ターミナル店

    東京都大田区羽田空港 3-4-2
    羽田空港旅客ターミナルビル 東京食賓館 時計台1番前(北ウィング)

その他

  • 京都 南座

    京都市東山区四条大橋東詰

  • 博多座

    福岡市博多区下川端町 2-1

  • 大阪 松竹座

    大阪市中央区道頓堀 1-9-19

  • 中川政七商店街 東京ミッドタウン店

    東京都港区赤坂 9-7-4 東京ミッドタウン ガレリアB1

  • 東急ハンズ全店

  • ハンズビー全店

  • ロフト(関東圏店舗)

OFFICAL ONLINE STORE
で購入